UVカットカーテンの効果はどれくらい? 選び方のポイントやおすすめ商品を紹介

UVカットカーテンの効果はどれくらい? 選び方のポイントやおすすめ商品を紹介

日差しが強くなってくると、気になるのが紫外線。日傘や日焼け止めなど、UV対策を施してから出かける方は少なくないでしょう。

中には季節を問わずUV対策しており、室内でも対策していらっしゃる方もいるはず。紫外線は一年中降り注いでいるので、対策し過ぎるということはありません。

紫外線は室内であっても侵入してきており、たとえ直射日光が当たっていなくても紫外線にさらされます。

そんな室内でのUV対策に効果的なのが、UVカットカーテンです。「どのくらい効果があるの?」と疑問に思われる方に向けて、UVカットカーテンの効果や選び方を解説します。

「オーダーカーテン通販【aiika】」のおすすめ商品も紹介するので、UVカットカーテン選びに悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

紫外線(UV)が与える影響

紫外線(UV)が与える影響

太陽光線の一つである紫外線は、人体にさまざまな影響を与えます。

肌の老化や髪のパサつき、目の炎症の原因など悪い影響もあれば、殺菌効果や、骨・歯の発育を促進してくれるビタミンDを生成するなど、良い影響もあります。

そもそも紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられ、それぞれの及ぼす影響は、以下のとおりです。

  • UV-A:肌の黒化、シワ・タルミなどの促進。5月がピーク
  • UV-B:肌の炎症、シミ・ソバカスの生成。8月がピーク
  • UV-C:最も有害。オゾン層で吸収されるため、地表には届かない

これらは同じ紫外線ですが波長が異なり、地表に降り注ぐ紫外線のほとんどは波長の長いUV-Aです。

人体への悪影響は少ないものの、じわじわと肌の奥まで届き、長時間浴びれば日焼けやシミなど肌トラブルにつながります。

UV-Bは波長が短く一部オゾン層に遮られるものの、強力な紫外線のため要注意。肌が赤くなってヒリヒリする日焼けの原因で、皮膚がんの原因ともされています。

紫外線は良い影響も及ぼすものの、さまざまな健康被害を及ぼすため、しっかりと対策を施す必要があります。

紫外線(UV)対策はいつすべき?

紫外線は基本的に3月頃から強くなりはじめ、5月~9月にかけてピークを迎えます。

年度によって紫外線量や、ピークを迎える時期は異なるものの、特に6月・7月・8月は紫外線が強くなるため注意が必要です。

特に10時~14時ごろは紫外線が強くなるので、仕事や買い物など外出する際は、UV対策が必要となります。

とはいえ程度の差はあれ、紫外線は常に降り注いでいるものなので、一年を通して対策は必要です。紫外線は雲を通過するので、天候に関係なく対策しましょう。

またUV対策は、外出時だけの問題ではありません。

紫外線は雲だけではなく、窓もすり抜けていきます。たとえ直射日光が当たらない場所でも、紫外線は降り注いでいます。

屋外の紫外線量を100とすれば、そのうちの80%ほどが室内に届いているとされています。

室内に居ても日焼けはするので、外出時はもちろんですが、室内でも紫外線対策が必要です。

室内での紫外線対策に!UVカットカーテンの効果

室内での紫外線対策に!UVカットカーテンの効果

室内でのUV対策としては、窓ガラスを複層にする、緑のカーテンを作る、日除けのシェードを設置するなどが挙げられますが、どれも大掛かりで費用や手間がかかります。

簡単かつ効果的なのが、UVカットカーテンを使用すること。詳しく解説するので、室内での紫外線対策の参考にしてみてください。

UVカットカーテンは紫外線をどれくらい遮断できる?

UVカットカーテンは、繊維の隙間を埋めて密度を高めたり、特殊な素材や形状で紫外線を反射したりすることで、紫外線を遮断しています。

「カット率」の数値が高ければ高いほど、多くの紫外線を遮断してくれるので、購入の際は必ず確認しましょう。

中でもカット率約80~90%と高い数値のものは、しっかりと紫外線を遮ってくれます。

中でもUVカット仕様のレースカーテンなら、採光しながらUVカットできるので、遮光カーテンのように部屋が極端に暗くなることもありません。

日光で明かりを取り入れながらも、紫外線をカットしたい方は、UVカット仕様のレースカーテンがおすすめです。

100%UVカットできるレースカーテンはある?

結論から述べると、100%UVカットできるレースカーテンはありません。

「部屋に日光を取り入れながら、紫外線を100%カットしたい」と思われるかもしれませんが、レースカーテンはほどよく採光して室内を明るくするカーテンです。

透け感の有るレースカーテンでは、完全に光を遮るのは難しく、遮光カーテンほど光を防ぐことはできません。

より紫外線を防ぐには、遮光カーテンとの併用がおすすめ。日光を取り入れることはできなくなりますが、紫外線を大きく遮断してくれます。

UVカットカーテンの寿命はどれくらい?

UVカットカーテンの紫外線遮断効果に、寿命はありません。

「年月とともにUVカット効果が落ちそう」と思われるかもしれませんが、コーティング剤などを使用しているわけではないので、経年や洗濯で劣化することはありません。

UVカットカーテンは、繊維の素材そのものや生地の織り方などで、紫外線をカットできるようになっています。

あとからUVカット効果を付与しているわけではないので、UVカット効果は落ちません。特に寿命を気にする必要がないので、長く使用できるようになっています。

UVカットカーテンの選び方のポイント

UVカットカーテンの選び方のポイントは、大きく2つ。どちらも快適に過ごすために必要なので、押さえておきましょう。

まず1つ目は、UVカット率が高いものを選ぶこと。数値が高ければ高いほど、しっかりと紫外線をシャットアウトしてくれます。

中でも70%以上のカット率を誇るものがおすすめです。

ただし数値が高くなり過ぎると、自然光が減って薄暗い印象になることもあるので、あまり数字にこだわり過ぎないようにしましょう。

次に2つ目は、採光カーテンを選ぶこと。UVカットカーテンは紫外線だけでなく、可視光も遮ってしまいます。

カット率が高いほど、薄暗い部屋になりがちです。

しかし採光カーテンなら、部屋の明るさを保ちつつ、紫外線を防いでくれます。紫外線対策を行いつつ、部屋を明るくできるUVカット仕様の採光カーテンなら一挙両得です。

「UVカット率の高さ」「採光カーテンかどうか」の2つを踏まえて、UVカットカーテンを選んでみてください。

おすすめのUVカットカーテン2選

UVカットカーテンの選び方が分かったところで、おすすめのUVカットカーテンを紹介します。

いずれも「オーダーカーテン通販【aiika】」のおすすめ商品なので、ぜひチェックしてみてください。

オーダーカーテン/夜透けにくい/自然光で明るく過ごせる光を採り込むレースカーテン「ブライトベール」

UVカット率80%以上を誇るため、紫外線を大きく遮断してくれます。

UVカット率が高いと部屋が暗くならないか心配されると思いますが、しっかりと採光できるため明るい部屋で過ごせます。

また遮像性も高いため、部屋の中が透けにくくなっているのもポイント。昼夜問わず、外からの視線をカットしてプライバシーを保護してくれます。

遮熱性・断熱性にも優れるため、一年中快適に過ごしやすくなるカーテンです。

自然光を取り込みつつも、紫外線と人目を遮ってくれるカーテンを探している方におすすめの商品です。

エアコン効率アップ! 無地の防炎 省エネミラーレースカーテン(ホワイト)

UVカット率は約70%あるため、日焼けや家具の変色など、紫外線による影響を軽減してくれます。

遮熱・断熱に優れた素材を使用しているため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。外気温に左右されにくいので、エアコンの効率を高めてくれる省エネなレースカーテンです。

生地裏に光沢ある糸を使用しているため、太陽光を反射して外から室内を見えにくくしてくれるのもポイント。しっかりとプライバシーを守ってくれます。

また洗濯可能な素材なので、洗濯機で簡単に洗えます。清潔なカーテンを維持できる商品です。

エアコンの効率を上げて省エネで過ごしたい方や、紫外線・人目が気になる方におすすめのカーテンです。

部屋の中でもUV対策を忘れずに

紫外線は屋外だけではなく、ガラスを透過して屋内にも降り注いでいます。

紫外線のピークは5~9月ですが、一年中降り注いでいます。「夏だけ気を付ければ大丈夫」というわけではないので、UVカットカーテンで、部屋の中もしっかりと対策しましょう。

UVカットカーテン選びのポイントである「UVカット率の高さ」「採光カーテンかどうか」を踏まえて、UVカットカーテンを選んでみてください。

 

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す