防音カーテンを選ぶときのポイントや効果的な使い方

防音カーテンを選ぶときのポイントや効果的な使い方

防音カーテンにはプライバシーの確保や睡眠の質の向上など、多くのメリットがあります。一方で「カーテンを使用するだけでそこまでの効果が期待できるのか」と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

この記事では防音カーテンが持つ効果やより快適に防音カーテンを使用する方法、購入時の注意点などを詳しく解説します。防音カーテンの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

そもそも防音カーテンの効果とは

そもそも防音カーテンの効果とは

防音カーテンには外から入ってくる音を軽減したり、室内の音が外に漏れるのを抑えたりといった効果があります。商品によって性能の高さはさまざまですが、遮音に対して一定の効果があるカーテンを総じて防音カーテンと呼んでいます。

防音カーテンは、通常のカーテンと比較して生地が厚く、重量もあります。これは、樹脂などで生地をコーティングしたり、吸音性の高い生地を使用したりしているためです。音を通しにくい素材を使用すること、密に織られた生地を使用することで防音効果が得られます。

防音カーテンには2つの種類がある

防音カーテンには、遮音カーテンと吸音カーテンの2つの種類があります。ここではそれぞれの特徴について解説します。

遮音カーテン

遮音カーテンとはカーテンの生地に樹脂などで加工を施し、音を跳ね返す要素を持たせたカーテンです。布のみでつくられたカーテンと比較して音の通過を軽減できるため、外から入ってくる音に効果を発揮します。

特に高音域に効果を発揮してくれるので、踏切信号機の音や救急車のサイレンの音に悩んでいる人におすすめです。

一方、中から外に漏れる音に対しては反響という問題が発生してしまうためあまり適さず、どちらかというと外から入ってくる音を防ぐという使い方が有効です。

吸音カーテン

吸音カーテンとは、音を吸収しやすい生地を使用してつくられたカーテンです。生地は折り目が密なほど音を吸収しやすいという特徴があり、代表的な生地ではベロアが挙げられます。室内で発生した音を吸収してくれるため、音漏れが気になるケースに向いています。

一方、工事の際に発生する重低音など外からの騒音に対しては、大きな効果は期待できません。

防音カーテンの効果をアップさせる方法とは

防音カーテンは、工夫して使うことでさらに高い防音効果が期待できます。ここでは簡単に防音効果を上げる方法を解説します。

マジックテープなどで密閉する

1つ目は密閉性を上げる方法です。音は空気を伝って聞こえる仕組みになっているため、密閉性を上げることで空気の流れを遮って遮音が可能です。具体的には、マジックテープやピンでカーテンを壁に固定します。

しかし、カーテンは開閉を前提に設置するものであり、完全に固定すると利便性に問題がでてきます。そのためカーテンで窓を密閉するというよりも、カーテンを閉めたときに窓が完全に覆われる状況をつくるのがベターです。

例えば、カーテンを開閉する側にマジックテープを付けて、カーテンを閉めるときにはマジックテープで留めます。この方法であれば密閉性を上げつつ簡単に開け閉めできるので、防音効果と利便性を両立することも可能です。

窓よりも大きめの防音カーテンを選ぶ

2つ目は大きめの防音カーテンを使用する方法です。一般的にカーテンは窓の大きさに合わせて選んだり、オーダーしたりするものですが、窓よりも一回り大きいカーテンにすることで防音効果が高くなります。大きめのカーテンで窓をすっぽり覆うことで空気の流れが遮られ、音が漏れにくくなります。

一方で丈が長すぎると開閉の際に引きずることになり、カーテンの傷みや衛生面が気になる人も多いでしょう。丈はジャストサイズでも左右の長さにゆとりを持たせることで、密閉性は高くなります。腰窓など下枠が床に接していない窓の場合は、丈も10cmほど長めのものを選びましょう。

別の防音グッズもあわせて使用する

3つ目は、カーテン以外の防音グッズを併用する方法です。暮らしの中で発生する音はさまざまで、防音カーテンのみでは十分な効果が得られないことも少なくありません。そのようなときには、吸音シートや吸音パネルなどを併用することも検討しましょう。

特に室内の音漏れが気になる人は、性能の異なる防音グッズの併用で効果を実感できる場合があります。例えば、吸音シートと遮音カーテンを組み合わせれば、室内外の音にアプローチできます。

「とにかく室内の音を外に漏らしたくない」というケースでは、吸音効果のあるグッズと吸音カーテンの組み合わせが望ましいでしょう。

防音カーテンの使用がおすすめな人とは

防音カーテンは多くの人にとって魅力あるアイテムです。ここでは、防音カーテンが適している生活スタイルについて解説します。

プライバシーを守りたいと考えている人

「壁に耳あり障子に目あり」という言葉があるように、音は他人が個人の生活を推測するのに十分な情報になり得ます。音漏れによってプライバシーが侵害される恐れがあると言っても過言ではありません。

防音カーテンは100%の防音までは難しくてもはっきりとは聞こえない状態、音はするけれど何の音かはわからない程度の効果は期待できます。プライバシーを守りたいと考える人にとっては効果的なアイテムです。

睡眠の質を上げたい人

良質な睡眠は生活の満足度や健康に直結します。周りの音を気にせず眠ることができる人もいれば、「少しの物音がするだけで目が覚める」「雑音が聞こえると眠れない」という人もいるでしょう。この問題は、防音カーテンの中でも遮音性の高いものを設置することで軽減できる可能性があります。静かな環境を望む人にとっては室外の音を遮断することが重要です。

樹脂などをコーティングした遮音カーテンを選ぶことはもちろん、遮光性も備えたものであれば、外からの光を遮ることもできますので、より高い睡眠効果が期待できます。

小さい子どもがいる人

小さな子どもの声は大人よりも高く、ときには耳をつんざくような高音で泣くこともあります。子どもの声が周囲の迷惑になっていないか気にしながら生活することは、想像以上のストレスです。

この場合は、ベロア素材などで密に織られた吸音カーテンが役立ちます。周囲への音漏れを防ぐ意味では、遮音カーテンでも一定の効果がありますが、音が反響して室内の快適性は向上しません。できるだけ吸音性の高いカーテンを選びましょう。

防音カーテンの選び方を解説

防音カーテンにはさまざまな種類があります。ここでは目的に合った防音カーテンを選ぶ方法を解説します。

気になる音を洗い出す

まずは、日常生活の中でどのような音が気になっているのかを洗い出しましょう。多くの人が気になる音として、食器を洗う音、子どもの声、テレビの音、犬や猫の鳴き声などが挙げられます。これらは中高音域の音であり、防音カーテンの効果が期待できる音域です。

一方、大音量の音楽や工具を使う際の音、男性の低い声などは、いわゆる重低音であり、防音カーテンのみでの対応は難しいのが実状です。防音カーテンは中高音域に効果的であることを認識しておきましょう。

遮音カーテンは高音域になるほど高い効果を発揮します

購入者の口コミ・評判をチェックする

カーテンはインテリアにも大きな影響を与えるものであり、家具店で実物を見て決めたいという人も多いでしょう。気に入ったものがあれば即決したくなるかもしれませんが、まずは一歩踏みとどまって型番などを控え、口コミを調べてみることも大切です。

なぜなら、実際に購入して使った人の声を聴くことができるからです。口コミ内容は人によって異なりますが、商品説明に書いていない商品細部についての情報が書かれていることもあります。

特に、実際に使用し続けてみなければ分からない、経年劣化や使用感などについての情報もたまにあるので、口コミをきちんと確認した後のご購入をおすすめします。

注意点としては、星の数などの評価指数のみで判断しないことです。中には本来の用途でない使い方をした結果、期待した効果が得られなかったために低評価にしているユーザーもいます。自分の用途と似た使い方をしている人を参考にするなど、口コミは内容を重視してチェックしましょう。

防音カーテンを購入する際の注意点

一般的にカーテンはカーテンレールに装着して使用します。防音カーテンは重さと防音性能が比例するため、より高い防音性を求めるとなると、重い防音カーテンを選ぶことになります。

そのための注意点として、カーテンレールの耐荷重に気を付けることが必要です。カーテンレールには耐荷重が3kg前後のものがあり、耐荷重を超えれば破損する可能性もあります。まずは、カーテンレールの耐荷重を調べ、その重さを超えない防音カーテンを選びましょう。

防音カーテンを活用して、暮らしのストレスを軽減しよう

防音カーテンを活用して、暮らしのストレスを軽減しよう

防音カーテンは大規模な取付工事も必要なく、インテリアを損なわずに防音できる非常に便利なアイテムです。

オーダーカーテン通販【aiika】では、生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできます。シンプルな柄のカーテンだけでなく、デザイン性、機能性が高いブラインドやロールスクリーンなども幅広く取り扱っており、インテリアに合うカーテンが見つかります。

生活している限り音は発生するものです。だからといって、音を立てないように生活することは多大なストレスになります。自分の生活に適した防音カーテンを選んで、ストレスの少ない生活を送りましょう。

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す