長すぎるカーテン丈を短くする方法【フック・テープ・ミシンまで】

長すぎるカーテン丈を短くする方法【フック・テープ・ミシンまで】

カーテンを新調した際や引っ越した際に、カーテンの丈が窓のサイズと合わずに困ってしまった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。カーテンの丈が合っていないと、せっかくのおしゃれな部屋もなんだかだらしないイメージに。窓のサイズに適したカーテンで、すっきりとした空間を目指しましょう。

自分でカーテンの裾上げを行う際の手順やさまざまな方法、お店に依頼した場合の料金相場などについてまとめてみました。

窓に適したカーテン丈とは?

「大体の予想で購入したカーテンの丈が、実際の窓のサイズと合っていない」「窓に合わせてカットしたはずのカーテンが短すぎる」などの失敗を防ぐためにも、まずは窓に適したカーテン丈を確認しましょう。また、窓の種類によっても適したカーテン丈は異なるので注意が必要です。

「腰高窓」に適したカーテン丈について

「腰高窓」に適したカーテン丈は、下の窓枠より15cm~20cmの長さです。ただし、カーテン下からの光漏れや空気漏れを防ぎたい場合は、床につくぎりぎりの長さまでお好みで調整することも可能です。内側に設置するレースカーテンは、外側のドレープカーテンより1cmほど短くするのが一般的です。

長さを測る時は、カーテンレールのランナー(端の丸いリング)下から窓枠の下までの長さを測り、そこに15cm~20cmを加えましょう。

「掃き出し窓」に適したカーテン丈について

「掃き出し窓」に適したカーテン丈は、床より1cm〜2cmほど短い長さです。長すぎると開閉時に不便だったり、床のホコリを引きずってしまったりしますし、逆に短すぎると光漏れや空気漏れの原因となります。内側に設置するレースカーテンは、外側のドレープカーテンより1cmほど短くするのが一般的です。

長さを測る時は、カーテンレールのランナー(端の丸いリング)下から床までの長さを測り、そこから1cm〜2cmほどマイナスしましょう。

カーテン丈の微調整は「カーテンフック」でも対応可能

数センチ程度の微調整であれば、カーテンの裾上げを行わなくても「アジャスター付きのカーテンフック」に取り換えるだけで手軽に調整することができます。

カーテンの丈を調整することができるアジャスターフックには、「Aフック」と「Bフック」の2種類があり、カーテンの丈を短く調節したい場合には「Aフック」がおすすめです。

Aフックは、カーテンレールを見せる形でカーテンを吊るすタイプになります。カーテン丈の調整幅は、下に約0.5cm~1cm、上に約0.5cm~4cmとなります。

Bフックは、カーテンレールを隠す形でカーテンを吊るすタイプになります。カーテン丈の調整幅は、下に約0.5cm~4cm、上に約0.5cm~1cmとなります。

ただし、カーテンレールと天井の距離が近い場合など、カーテンレールの仕様によっては、フックでの調整ができないこともあります。事前によく確認しておきましょう。

Aフック・Bフック

関連記事:カーテンフックの種類をわかりやすく解説!AフックとBフックの違いや選び方まで紹介

自分でカーテンの裾上げを行うための手順

長すぎるカーテンの裾上げは、自分で行うことも可能です。裾上げの方法をご紹介する前に、最初にやっておくべき裾上げの手順(下準備)についてご紹介していきます。

カーテンの長さを測る

まずは、カーテンの長さを測ります。「窓に適したカーテン丈とは?」でご紹介したカーテン丈を参考に、希望のカーテンサイズを決めていきましょう。

前述の通り、カーテンの長さを測る際は、カーテンレールのランナー(端の丸いリング)から下の窓枠もしくは床までの長さを測ります。この時使うメジャーは、先端がフック状になったタイプがおすすめです。先端のフックをランナーにひっかけることができるのでより正確に採寸することができます。

カーテンにアイロンがけを行う

より綺麗な仕上がりを目指すなら、カットする前にカーテン全体にアイロンがけをしておくことをおすすめします。事前にカーテンのシワやよれをしっかりと伸ばしておきましょう。ただし、カーテンの素材によってはアイロンがけができない、もしくは当て布が必要な場合があるので、商品表示をよく確認してから行いましょう。

カーテンをカットする

カーテンサイズが決まり、アイロンがけが終わったら、いよいよカーテンをカットしていきます。この際、必ず希望のカーテンサイズに縫い代幅10cm程度をプラスした丈でカットしましょう。

裾上げの方法は、手縫い・ミシン縫い・裾上げテープなどさまざまな方法がありますが、どの場合でも同様です。縫い代幅をしっかりとっておくことで、その重みによって生地が安定し、カーテンのめくれやよれを防いでくれます。

自分でカーテンを裾上げするためのさまざまな方法について

自分でカーテンを裾上げするためのさまざまな方法について

下準備が整ったら、実際にカーテンの裾上げを行っていきます。手軽な方法から本格的なものまでその方法はさまざまですが、予算や手間、希望の仕上がり具合などを比較して、適した方法を試してみましょう。

「安全ピン」を使ってカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、アイロンがけで折り目をつけたあとは、端を安全ピンで留めるだけ。

最も手軽なのがこの「安全ピン」を使ったカーテンの裾上げ。ただし、表側からピンが見えてしまい、見た目が安定しないことや布に穴が空いてしまうというデメリットも。面積の小さなカーテンや応急処置の方法としては良いかも知れません。

「布用両面テープ」を使ってカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、アイロンがけで折り目をつけます。折り返したカーテンを開き、カットした側の端に布用両面テープをまっすぐ貼ります。再度折り返し接着したら完成です。

「布用両面テープ」は、アイロンがけ不要、貼るだけで接着できて、接着後の見た目も綺麗な便利アイテムです。100円ショップなどでも手に入りますが、強度を求めるのであれば、手芸店などで売られている、水に強く洗濯可能なタイプがおすすめです。

「カーテン用裾上げテープ」を使ってカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、アイロンがけで折り目をつけます。折り返したカーテンの間にカーテン用裾上げテープを挟みます。この時、テープの位置をカットしたカーテンの端にぴったり合わせるのが綺麗に仕上げるポイント。当て布をしてアイロンで接着したら完成です。

自分で行うカーテンの裾上げの中でも、最も一般的なのがこの「カーテン用裾上げテープ」を使った方法です。しっかりとした強度で見た目も綺麗、コストや手間もそれほどかからないので、予算をあまりかけたくない方や裁縫が苦手な方にもおすすめの方法です。布用両面テープは、ネットショップ・ホームセンター・手芸店などで手に入れることができます。

「布用裾上げテープ」を使ってカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、アイロンがけで折り目をつけます。布用裾上げテープの粘着面を折り返し部分にあて、その上から当て布を被せてアイロンのスチームモードで接着したら完成です。

この「布用裾上げテープ」、カーテン用裾上げテープとの違いは、両面接着になっていないことです。そのため、裏から見るとテープが見えてしまい見た目はいまいち。また、衣類用の裾上げテープのため、ものによっては強度があまり高くありません。布用裾上げテープを使う場合はカーテンと同じ色にする、薄いカーテンや面積の小さなカーテンに使用する、または応急処置としての使用をおすすめします。

「布用接着剤」を使ってカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、アイロンがけで折り目をつけます。折り返したカーテンを開き、カットした側の全体に布用接着剤を塗ります。接着剤を均等に塗るために、ボンド用のヘラなどがあれば便利ですが、代わりにキッチンペーパーなどを使用しても○。再度折り返し全体を圧着させ接着したら完成です。

均等にボンドを広げることで見た目も綺麗な仕上がりに。耐水性のある布用ボンドを選べば洗濯の際にも安心です。裁縫が苦手な方にもおすすめの方法です。

「手縫い」でカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、さらに内側に2cmほど折り込んでアイロンがけで折り目をつけます。折り目をまち針で固定したら、三つ折りになった部分をまっすぐにながしまつり縫いをして完成です。

カーテンを手縫いで裾上げする時は、縫い目が目立たない「ながしまつり縫い」がおすすめです。できるだけ均等な幅で布をすくい、まっすぐに縫っていきましょう。カーテンの色と同じ色の縫い糸を選べば、より縫い目が目立ちません。

裁縫が得意な方や、あまり生地の厚くない・面積の大きくないカーテンであれば、手縫いでの裾上げに挑戦しみてはいかがでしょうか。

「ミシン縫い」でカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、さらに内側に2cmほど折り込んでアイロンがけで折り目をつけます。折り目をまち針で固定したら、三つ折りになった部分をまっすぐにミシンで縫い(縫い始めと縫い終わりは返し縫い)完成です。

仕上がりの綺麗さと丈夫さを求めるのであれば、やはりミシン縫いでの裾上げがおすすめです。折り返し部分をまっすぐに縫い進めるだけなので、ミシンを使い慣れている方であればそれほど難しい作業ではありません。ただ、カーテンの生地が分厚い場合や大きい場合は、縫い目がずれてしまわないよう慎重に進めていきましょう。

「ハンドミシン」でカーテンの裾上げを行う方法

希望の長さでカーテンの裾を折り返し、さらに内側に2cmほど折り込んでアイロンがけで折り目をつけます。折り目をまち針で固定したら、三つ折りになった部分をまっすぐにハンドミシンで縫い(縫い始めと縫い終わりは返し縫い)完成です。

シンプルな操作方法とホッチキスのようなコンパクトさで、ミシンを使い慣れていない方でも簡単に扱うことができるのが「ハンドミシン」。カーテンをレールに吊したまま、裾を縫い進めることも可能で、その手軽さが人気の製品です。本格的な裁縫には向いていませんが、価格もそれほど高くなく、分厚い生地に対応できるタイプもあります。ネットショップなどでも多くの種類が展開されているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

お店にカーテンの裾上げを依頼した場合の価格相場

カーテンの種類や大きさによっては、自分で裾上げを行うのは難しい場合もあるかと思います。また、仕上がりの綺麗さや丈夫さを求めるのであれば、費用はそれなりにかかりますが、やはりプロに依頼することをおすすめします。

カーテンの裾上げは、カーテンの購入店、洋服のお直し屋さんのほか、カーテン専門のクリーニング業者などで行っています。

カーテンの裾上げ加工料金の相場は1,500円〜3,000円ほどです。ただし、商品のサイズや仕様によっても価格は大きく異なる場合があるので、詳しい料金はお店に直接問い合わせてみましょう。また、販売したカーテンの裾上げしか承っていない場合や、商品の状態によっては加工ができない場合もあるので、加工の条件なども含めて事前にしっかりと確認しておきましょう。

オーダーカーテンでカーテンを新調する

改めてカーテンを新調するなら「オーダーカーテン」を購入するという手もあります。好みに合わせて少し長め・短めに、という要望が叶うのがオーダーカーテンの最大のメリット。裾上げを行うことなく、窓のサイズにぴったり合ったカーテンを手に入れることができます。

既製品と比べると少し割高になってしまうというデメリットもありますが、その分選択肢は広がります。長く使うものであれば、予算と相談しつつ一度検討してみてはいかがでしょうか。

カーテンの丈の調整は自分で手軽にできる方法からプロに依頼する方法までさまざま

今回は「長すぎるカーテンを短くする」ためのさまざまな方法についてご紹介しました。自分で手軽にできる方法からプロに依頼する方法までさまざまですが、予算と希望に応じて、最適な方法を選んでくださいね。カーテンは、部屋の印象を大きく左右するアイテムでもあります。窓のサイズにぴったり合わせたカーテンを手に入れて、おしゃれで快適な部屋作りに繋げましょう。

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す