オーダーカーテンの相場は?既製カーテンとの違いや安く購入するポイントを解説

オーダーカーテンの相場は?既製カーテンとの違いや安く購入するポイントを解説

カーテンを購入する際は、大きく2つの方法があります

一つは量販店などで、既製品のカーテンを購入する方法。もうひとつは生地やサイズを自分好みにオーダーメイドする方法です。

オーダーカーテンはおしゃれなデザインが多く、サイズや縫製なども細かく指定できるため、あなたの部屋に合うイメージ通りのカーテンに仕上げられます。こだわりのインテリアにしやすい一方で「高そうなイメージがある」「ハードルが高い」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし工夫することで、価格を抑えながらオーダーメイドすることも可能です。

オーダーカーテンの相場や既製品との違いを紹介するとともに、安くオーダーメイドするポイントも解説するので、カーテンを購入しようとされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

オーダーカーテンの相場は?既製カーテンの相場との違い

オーダーカーテンはどれくらい値段がかかるのか、既製品とどれくらい違いがあるのか、いまいちピンとこない方も多いでしょう。

オーダーカーテン・既製カーテンの相場は、両開きのカーテンであれば、ひと窓あたり下記の金額が目安です。

  • 既製品:2,000~7,000円程度
  • オーダーカーテン:1万~10万円程度

このように両者の価格は大きく異なり、レースカーテンとドレープカーテンを両方設置するのであれば、ひと窓あたり上記の2倍はかかる計算です。

部屋の数や窓の数によっては、多くのカーテンが必要になるケースもあるので、より多くの費用が必要になります。またオーダーカーテンの金額に開きがあるのは、イージーオーダー・フルオーダー・特に高級な縫製のフルオーダーとオーダー内容に段階があるためです。

オーダー内容にもよりますが、1cm単位でサイズを選べて生地や縫製がハイクオリティなオーダーカーテンは、どうしても既製品より高くなりがちな傾向にあります。

オーダーカーテンの値段が高いのはなぜ?

オーダーカーテンの値段が高いのはなぜ?

既製品よりも高価になりがちなオーダーカーテンですが、どうして同じカーテンなのに大きく価格差が生じるのでしょうか。

代表的な理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 窓にぴったりのサイズで作れる
  • 生地・縫製が高品質なため長く使える
  • オリジナルデザインを選べる

それぞれ詳しく解説していくので、オーダーカーテンが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

窓にぴったりのサイズで作れる

窓にぴったりのサイズでカーテンを作ることができるため、高価になりがちです。

既製カーテンは、一般的な3LDKのマンションや戸建てに多く見られるサイズである「幅100cm×丈135cm・178cm・200cm」の3サイズ展開が基本です。

ぴったり合えば問題ないのですが、適したものがないケースもあり、丈が長過ぎて床に垂れ下がったり、反対に短すぎたりしてしまうかもしれません。特に新築のマンション・一戸建ての場合は、大きな窓が採用されているケースが多いため、サイズに合ったカーテンが見つけにくい場合があります。

オーダーカーテンであれば、職人が窓のサイズに合わせて1点1点製作するので、丈が足りず見栄えが悪くなったり冷気が侵入したりしないのがメリットです。

大量生産できないため高価になりがちではありますが、適したサイズのカーテンを設置できます。

生地・縫製が高品質なため長く使える

オーダーカーテンは長く使い続けられるほどに、生地や縫製の品質が高いため高価になっています。既製品に使用されるものよりも、多くの糸を織り込んだ上質な生地が使用されており、ひと目見て違いが分かるほどクオリティに差があります。また生地だけではなく、縫製がしっかりしているのもポイント。一つひとつの生地に合わせて縫い方を使い分けており、丈夫に仕上げられています。

既製品の寿命が3~5年ほどなのに対して、オーダーカーテンは10年以上も型崩れせず美しい状態のまま使用できるほどです。

買い替えを考慮すれば、長く使い続けられるオーダーカーテンの方がお得な場合もあります。

オリジナルデザインを選べる

豊富なバリエーションの中から、オリジナルデザインを選べるため、価格が高くなりやすい傾向にあります。既製品は選択肢が限られているため、たとえ100%納得していなくても、妥協して選ぶしかない場合も考えられます。

オーダーカーテンであれば豊富なバリエーションの中から、好きなデザインを選ぶことが可能。大量生産には不向きなデリケートな素材など、既製品にはない選択肢もあります。

また小窓や変形窓など、既製品では極端に選択肢が狭まるような窓でも、豊富な素材・デザインの選択肢から選べるのも利点です。

カーテンは部屋の印象を大きく左右するため、インテリアにこだわりたい人ほどオーダーカーテンがおすすめです。遮光や遮音など機能性を付加することもできるので、機能性重視の方にも適しています。

オーダーカーテンを購入するならどっち?専門店と量販店の違い

オーダーカーテンはオーダーカーテン専門店だけでなく、量販店でも購入することができるため「どこで購入すべき?」と悩まれる方もいらっしゃるでしょう。どちらで購入すべきかは、カーテン購入時に「重視するポイント」によって異なります。

例えば「選択肢の豊富さ」を重視するのであれば、オーダーカーテン専門店がおすすめです。生地の素材やデザインなどの種類が豊富なので、家具や雑貨などを扱う量販店では見つからないような、好みの生地が見つかる可能性が高くなっています。

対して「購入価格の安さ」を求めるのであれば、生地にもよりますが量販店の方が安く購入できるでしょう。とはいえ生地のクオリティや裁縫仕様などの水準も高いため、オーダーカーテン専門店の方が、ハイクオリティなカーテンを購入できます。

オーダーカーテンを安く購入する4つのポイント

オーダーカーテンを安く購入する4つのポイント

オーダーカーテンは、どうしても既製品に比べて高価になりがちな傾向にありますが、できれば価格を抑えて良質なカーテンを購入したいというのが、多くの方の本音でしょう。

そこでオーダーカーテンを少しでも安く購入するための、4つのポイントを紹介します。オーダーカーテンが気になるものの価格がネックだという方はぜひ参考にしてみてください。

設置する部屋によってクオリティを分ける

カーテンを設置する部屋によって、クオリティに差を付けるようにすれば、トータルの購入価格を抑えることが可能です。家の中でも使う頻度や目的は、部屋ごとに違いがあるでしょう。

例えば一番長く過ごしたりお客さんが来たりするような部屋には、こだわりのフルオーダーカーテンを使用して、寝室・子供部屋などはイージーオーダーや既製品にして価格を抑えるなど、部屋ごとに使い分けるのがおすすめです。

部屋の使用頻度や目的などに応じて、イージーオーダーカーテン・既製品を組み合わせれば、グッと価格を抑えて購入できます。

カーテンに使用される生地の量を減らす

カーテンのヒダを減らして、使用される生地の量を減らすのも効果的です。

カーテンには「ヒダ倍率」というものがあります。1.5倍ヒダや2倍ヒダなどで表され、ヒダ倍率が高いほど豪華で奇麗なカーテンに仕上がりますが、使用する生地の量が多くなるため高価になります。よりヒダ倍率が低いカーテンにすることで、価格を抑えることが可能です。近年では1.5倍ヒダでも、形態安定加工や形状記憶加工により奇麗に仕上がるようになっています。

設置するカーテンの枚数を減らす

設置するカーテンの枚数を減らして、費用を抑える方法もあります。基本的にカーテンは、厚手のドレープカーテンと薄いレースカーテンをセットで使用するものですが、場合によってはどちらか一方だけでも問題ありません。

例えばマンションの高層階など外からの視線が気にならない場合は、レースカーテンが不要になります。また窓の形状によっては既製品のカーテンがない場合もありますが、小窓などであればオーダーカーテンではなく、ロールカーテンやブラインドなどの選択肢もあります。

設置するカーテンの枚数を減らしたり、一般的なカーテン以外も選択肢に入れたりすることで、費用を抑えられるでしょう。

インターネットを活用して比較購入する

インターネットを活用して、比較購入するのもポイントです。

オーダーカーテン専門店や量販店に行けば、スタッフから生地などに関して説明を受けたり、直接見ることでサイズ感を把握しやすかったりというメリットがあるものの、複数の店を回って価格を比較するのは手間と時間がかかります。

一方インターネットであれば、専門店や量販店のサイトを横断的に比較できるので、色・柄などのデザインや大きさなど、あなた好みのカーテンを見つけやすくなっています。また店舗に訪れることに比べると価格を比較しやすいので、リーズナブルに購入できる店舗はどこか探しやすいのもメリットです。

オーダーカーテン通販【aiika】では、さまざまな素材・デザイン・機能性のオーダーカーテンを取り扱っています。

豊富な選択肢の中から選べるようになっているので、オーダーカーテンが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

部屋に最適なカーテンを選ぶならオーダーカーテンがおすすめ

カーテンを購入する際は、オーダーカーテンと既製品の2つの選択肢があります。

部屋に最適なカーテンを選びたいのであれば、生地やデザイン、サイズから縫製に至るまで細かくこだわれるオーダーカーテンがおすすめです。

また、オーダーカーテンを注文する際は、生地・縫製方法・サイズ・追加したい機能などを確認しておきましょう。

カーテンに使用される生地はコットンやリネンなどの天然繊維から、ポリエステルのような化学繊維まで幅広くあります。見た目や風合い、質感、機能などが異なるので、事前にどの素材がイメージに近いか確認しておくのが大切です。

ヒダの数や大きさは見た目や価格、使い勝手を左右するので、どれくらいの良いのか、縫製方法・サイズを確認しておきましょう。また遮光・遮音などの機能も、必要に応じて検討しておいてください。

特にこだわりたい方は、芯地やタッセルなども確認しておくと、よりイメージに近い理想のカーテンを注文できるでしょう。

オーダーカーテン通販【aiika】では、豊富なバリエーションの中から、最適なカーテンをオーダーメイドできます。

無料で生地サンプルもお送りしておりますので、カーテン購入を検討されている方は、お気軽にご相談くださいませ。

 

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す