一人暮らしの人必見!カーテンの上手な選び方とは?失敗しないポイントを徹底解説!

一人暮らしの人必見!カーテンの上手な選び方とは?失敗しないポイントを徹底解説!

憧れの一人暮らしを前に、ワクワクしながら家具家電選びをしている人もいることでしょう。しかし、お部屋の印象や快適さを左右するカーテン選びも同じぐらい重要です。

この記事では、これから一人暮らしをする人に向けてカーテンの役割や上手な選び方、失敗しないポイントを解説しています。ぜひカーテン選びの参考にして下さい。

カーテンの役割とは?

部屋や窓の位置、周囲の環境によっては、カーテンがなくても問題はない印象を受けることもありますが、カーテンはなぜ必要なのでしょうか。まずは、なぜカーテンは必要なのか、カーテンの役割について確認しておきましょう。

防犯・プライバシーを守る

一人暮らしで特に意識したいのがセキュリティー面です。カーテンがなければ外から部屋の中の様子が丸見えになり、留守にしていることや一人暮らしをしていることが分かってしまいます。特に夜間は室内から外は見えないのに、外からは室内がよく見えるため注意が必要です。

一人暮らしと分かれば空き巣や強引な勧誘・訪問販売のターゲットにされる可能性もあります。カーテンは防犯やプライバシーを守るためにも必要なアイテムです。

遮光・断熱効果

カーテンを設置していると、遮光・断熱効果も期待できます。カーテンを設置していれば、室内がまぶしいときには日光を遮ることができ、日の出が早まる季節も朝日によって睡眠を妨げられる心配がありません。

また、窓は室内でも特に外気と接する部分なので、カーテンを設置すれば外気の影響を軽減できます。カーテンがあれば夏場は外からの熱をカットし、冬場は暖めた室内の空気が冷やされるのを防いでくれるので、冷暖房にかかる電気代の節約につながります。

インテリア性

カーテンには機能面でのメリットだけでなく、インテリアとしての役割もあります。カーテンは室内でも広い面積を占めるため、色やデザインによって室内の印象が大きく変わります。そのため家具や室内の雰囲気とマッチしたものを選ぶのがおすすめです。

カーテンもインテリアの一つと考えると、より選ぶ楽しみがアップするでしょう。

一人暮らしにおすすめのカーテンの種類

一人暮らしにおすすめのカーテンの種類

プライバシーを守ったり、遮光断熱効果やインテリア性が期待できるアイテムには、カーテンのほかにもブラインド、ロールスクリーンがあります。これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

ここからは、カーテン、ブラインド、ロールスクリーンの特徴を解説します。

カーテン

布素材で作られているカーテンは、温かみを感じられるアイテムです。カーテン、ブラインド、ロールスクリーンの3つの中では最も種類があり、選択肢が豊富です。シンプルなデザインだけでなく、素材そのもののデザイン性が高いものや、ラインストーンなどの装飾を施した華やかな印象のものもあります。

さまざまな機能性を持ち合わせているカーテンも多く、デザイン性と機能性の両面を考慮しながら好みにあったものを選べます。

ブラインド

ブラインドには横型のタイプと縦型のタイプがあり、それぞれ羽根の角度を自由に調整して開閉するのが特徴です。素材はスタイリッシュな印象のアルミ製と温かみのある木製が一般的で、室内のイメージに合わせて選べます。

羽根の角度を調整するだけでなく、ブラインドそのものを開閉することで、より光を取り込むことが可能です。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは、シンプルな布地を上下させて開閉するのが特徴です。窓以外にも室内の空間を仕切ったり、普段は隠しておきたい棚の目隠しにしたりして使用できます。

ひもを引っ張ることで自動的に巻き上がるプルコード式、バネの力で上下するワンタッチ式、チェーンで上げ下げするチェーン式の3種類があります。

カーテン選びのポイントは?

窓に設置するアイテムは、カーテンのほかにもブラインドやロールスクリーンなどの種類がありますが、カーテンが最も一般的で種類も多いため楽しみながら選べるでしょう。

カーテンを選ぶ際は、機能性やデザイン・カラー、室内に配置するインテリアなどを考慮して選びましょう。ここからはカーテンの選び方のポイントを解説します。

機能性で選ぶ

一般的にカーテンというと厚手のドレープカーテンをイメージしますが、昼間などドレープカーテンを開けているときに室内が丸見えにならないようレースカーテンも一緒に設置しましょう。レースカーテンには太陽光を反射して室内を見えにくくするミラーレースや、特殊な素材を使い透けにくくなっている遮像レースなど、機能性の高いタイプもあります。

ドレープカーテンの種類も、外からの光をシャットアウトするとともに室内の光が外に漏れない遮光カーテンや、暖房効率もアップする遮熱・断熱機能を備えたカーテン、防カビ機能、防炎機能に優れたカーテンなどがあります。

デザイン・カラーで選ぶ

室内の印象を左右するカーテンは、デザインや色もポイントの一つ。デザインによって室内がポップになったりシックになったり、まったく違った印象になるので、室内の雰囲気とマッチするかどうかも意識しましょう。

なお女性の一人暮らしの場合は、カーテンのデザインや色に注意したほうがよいでしょう。住んでいる地域や窓の場所にもよりますが、防犯のためにも女性の一人暮らしだと分かりにくいデザインやカラーを選ぶと安心です。

色別・人間が感じる効果

ベージュ

カーテンの色による効果はさまざまです。例えばアイボリーやベージュは優しい色合いが安心感を与え、リラックスさせてくれます。ゆっくりくつろげる空間を作りたい人にぴったりな色です。

グリーン

自然のイメージがあるグリーンもリラックス効果が期待できます。フレッシュな印象の室内にしたい場合は明るい黄緑色系、落ち着いた印象にしたい場合は暗めのモスグリーン系がおすすめです。

ブルー

爽やかなイメージのブルーは、神経を静めて集中力を高めてくれます。学生や在宅ワークがある人などにもよいでしょう。

イエロー

イエローやオレンジは元気を与えてくれる色で、室内が明るい雰囲気になります。イエローは作業効率アップの効果も期待できるといわれています。

インテリアで選ぶ

インテリアやお部屋のテイストによってカーテンを選ぶのもよい方法です。例えばぬくもりのある北欧風の部屋であれば、リネンなどの天然素材を使用したカーテンがおすすめです。よりカーテンで個性を演出したいのであれば、ヘリンボーンや植物柄もよいでしょう。

シンプルな部屋であればホワイト・ブラック・グレーを基調としたカーテンがよいでしょう。このとき無地のカーテンを選べば全体に統一感が生まれますし、柄のカーテンを選べばアクセントになるでしょう。

はじめてのカーテン選びはサイズに注意!

はじめてのカーテン選びはサイズに注意!

カーテンを選ぶ際は、機能性やデザイン・カラーなどを考えるのも大切ですが、サイズ選びも注意しなければなりません。購入する前に、カーテンに必要な幅や丈をきちんと測っておきましょう。

正しいカーテンのサイズを測るには、幅はカーテンレールの端に固定されているランナーの間を測ります。丈は掃き出し窓ならカーテンレールに設置されているランナーの穴から床までの高さを、腰窓の場合はランナーの穴から窓枠までの高さを測ります。

とはいえ自宅の窓にぴったりなサイズがあるとは限りません。ぴったりなサイズが見つからない場合は、大きめのサイズの中から実際のサイズに一番近いものを選ぶか、1cm単位で購入できるオーダーカーテンを選ぶのがおすすめです。

一人暮らしのカーテン選びを楽しもう

カーテンには防犯やプライバシーを守る役割のほか、遮光・断熱効果やインテリア性があります。カーテンを選ぶ際は、機能性やデザイン・カラーを考慮しつつ、インテリアとのバランスも考えてみましょう。

オーダーカーテン通販の「aiika(アイカ)」では、機能性やデザイン性を意識したカーテンを多数取りそろえています。気軽に購入できる既製カーテンに加えて、自宅の窓にぴったりなサイズで注文できるオーダーカーテンも豊富です。また、オーダーカーテンには1年保証もついており、生地の無料サンプルも用意しています。

自宅にいながらカーテンを選べるaiikaで、一人暮らしのカーテン選びを楽しみましょう。

オーダーカーテン通販のaiika(アイカ)はこちら

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す