床の色に合うカーテンとは? 配色パターンや色がもたらす効果をご紹介

床の色に合うカーテンとは? 配色パターンや色がもたらす効果をご紹介

カーテンは部屋の中でも大きな面積を占めることから、慎重に選びたい方も多いはずです。

カーテン一つで部屋の雰囲気も左右されるため壁や床、インテリアなどとの相性も気になるでしょう。

カーテン選びに迷われている方は、床の色との相性をチェックするのがおすすめです。

インテリアには配色の黄金比率と呼ばれるものが存在しており、床の色との相性を見ることで部屋に合ったカーテンを探しやすくなります。

そこで本記事では、床の色別におすすめのカーテンの色を紹介します。色がもたらす効果も紹介しているので、併せて参考にしてください。

インテリアの配色バランスを知っておこう

カーテン選びをスムーズにするために、インテリアの配色バランスを知っておきましょう。

配色には黄金比率と呼ばれる割合があり、意識するとバランスの良い空間を作れます。

配色の黄金バランスは「ベースカラー:メインカラー:アクセントカラー=70%:25%:5%」です。

具体的には以下のような配色を意識するといいでしょう。

概要 具体例
ベースカラー(70%) 部屋の基本となる色 天井・壁・床など
メインカラー(25%) インテリアの主役となる色 家具・ラグ・カーテンなど
アクセントカラー(5%) インテリアのアクセントとなる色 クッション・置物など

カーテンはメインカラーに当てはまるため、ベースカラーとの相性を考えながら選ぶようにしましょう。

カーテンを床の色に合わせて決める際に知っておきたい3つの配色パターン

カーテンを床の色に合わせて決める際に知っておきたい3つの配色パターン

まずは、カーテンを床の色に合わせて決める際に知っておきたいことを紹介します。カーテンを選ぶ際の参考にしてください。

1.同系色でそろえる

カーテンを選ぶ際は、床と同系色でそろえるのがおすすめです。

ベースカラーである床と同系色のカーテンを選ぶと、統一感のある部屋に仕上がります。

例えば床がホワイト系の場合はアイボリーのカーテンを掛けると、まとまりのある空間に見えます。

同系色でそろえる方法は、コーディネート初心者でも試してみやすいため誰でも取り入れられるでしょう。

ただし全てのアイテムを同系色でそろえてしまうと、退屈で面白味のない空間となってしまうため、ラグやソファといった他の家具には違う色を配色してみてください。

2.明度をそろえる

カーテンを選ぶときは、床と明度をそろえるのも一つの方法です。

明るさが同じだと違う系統の色を選んでも、まとまりのある空間に仕上がります。

オフホワイトの床であれば淡い水色のカーテンを取り入れたり、ナチュラルブラウンであれば落ち着いた明るめのグリーンカーテンを選んだりするとおしゃれな部屋に見えるでしょう。

しかし床が暗い色の場合、カーテンの明度も下げてしまうと部屋全体が重い印象になるため注意が必要です。

3.反対色にする

あえて床と反対色のカーテンを選ぶと、メリハリのある部屋を作れます。

例えば「白と黒」「ブラウンと濃いグリーン」などが反対色の関係を持っており、個性的でインパクトのある部屋に仕上がります。

ただし明度の高い色を選ぶと部屋全体が落ち着かない雰囲気となるため、配色に注意が必要です。

【床の色別】おすすめのカーテンの色

ここからは、床の色別におすすめのカーテンの色を紹介します。

床の色を確認した上で、お気に入りのカーテンを見つけていきましょう。

ホワイト系の床

ホワイト系の床におすすめのカーテンの色は、主に以下のとおりです。

  • ホワイト
  • ライトブルー
  • 淡いピンク
  • アイボリー
  • ライトグレー

ホワイト系の床は色味がないため、組み合わせるカーテンの色が映えやすいです。

空間が広く見えやすく、カーテンを同系色にしたり明度を合わせたりすると部屋全体をすっきりとした印象にできます。

また選ぶ色によって部屋の雰囲気が変わることから、作りたい空間によって調整するのがおすすめです。

例えば淡いピンク色のカーテンであれば、可愛いらしい部屋になるでしょう。

水色を選ぶと、清潔感のある爽やかな部屋に仕上がります。

ホワイト系のカーテンは部屋全体の解放感が増し、明るくリラックスできる空間を作れます。

ホワイト系が持つ清潔感や涼しさをより感じられる色をカーテンに取り入れてみましょう。

アイボリー・ベージュ系の床

アイボリー・ベージュ系の床には、以下のような色のカーテンがおすすめです。

  • ホワイト
  • グリーン
  • 淡いピンク
  • ライトブルー
  • ダークブラウン

アイボリー・ベージュ系の床はナチュラルな雰囲気を醸し出し、どのタイプの色とも相性が良いです。

さまざまな色とコーディネートしやすいため、自分の作りたい雰囲気に合わせてカーテンを選ぶといいでしょう。

例えば白や淡いピンクと組み合わせると、部屋全体が柔らかい雰囲気となり落ち着いた空間になります。

ダークブラウンのような濃い色のカーテンを選ぶと、メリハリのある個性的な部屋に仕上がります。

緑を取り入れれば、床のアイボリー・ベージュ系とマッチして自然を感じられるような空間となるでしょう。

クッションをはじめとする小物をうまく活用すると、より統一感のある部屋に仕上がります。

ミディアムブラウンの床

ミディアムブラウンの床におすすめのカーテンの色は、主に以下のとおりです。

  • ブラック
  • レッド
  • グレー
  • ベージュ
  • オレンジ
  • アイボリー

ミディアムブラウンの床も比較的コーディネートしやすく、どの色合いにもマッチしやすいのが特徴です。

落ち着いた雰囲気を醸し出しているため、黒やグレーなどの無彩色のカーテンと組み合わせると、モダンな雰囲気を演出できるでしょう。

特にシックで大人な雰囲気の部屋を作りたい方におすすめです。

アイボリーやベージュといった明るい色合いのカーテンを選ぶと、ナチュラルで暖かみのある部屋に仕上がります。

雰囲気の柔らかな空間となるため、落ち着きの中に優しさを感じられます。

また、オレンジをはじめとする暖色系のカーテンを取り入れれば、明るい雰囲気の部屋になるでしょう。

ダークブラウン系の床

ダークブラウンの床におすすめのカーテンの色は、主に以下のとおりです。

  • イエロー
  • ピンク
  • ライトグレー
  • ライトグリーン

ダークブラウンの床は重厚感があるため、明るい色のカーテンを組み合わせて解放感をアップさせましょう。

具体的にはピンク色のカーテンと組み合わせると、ダークブラウンの重厚感がエレガントさをアップさせます。

甘すぎず大人な雰囲気を醸し出せるため、落ち着いた空間がお好みの方におすすめです。

ライトグリーンや黄色のカーテンを選ぶとより明るさが強調でき、快活さを感じられる空間に仕上がるでしょう。

なお、黒やグレーといった暗い色のカーテンを選ぶと、圧迫感が強すぎて狭い印象になるため避けておくのがベストです。

グレー系の床

グレー系の床には、以下のような色のカーテンを選んでみましょう。

  • ホワイト
  • ブラック
  • グレー
  • オレンジ

グレー系の床はホワイト系と同様に、比較的コーディネートしやすいのが特徴です。

白や黒、明度の違うグレーは同系色であるため特に相性が良く、シックな雰囲気を醸し出しながら大人な部屋に仕上げられます。

また、オレンジをはじめとする暖色系のカーテンを選ぶと、鮮やかで暖かみのある部屋になります。

ただし夏場は暑苦しく感じる恐れがあるため、季節によってカーテンを変えるなどの工夫が必要です。

カーテンの色がもたらす効果

カーテンの色がもたらす効果

カーテンは部屋の中でも面積が大きいため、色が持つ心理的な効果を配慮しながら選ぶのがおすすめです。

カーテンの色がもたらす効果を参考にしながら、部屋に合うアイテムを見つけてみてください。

カーテンをカラーで探す

ホワイト

ホワイトのカーテンは清潔感を与えながら、部屋を広く見せる役割があります。

例えば、一人暮らし用のワンルームにホワイトのカーテンを取り入れると、空間を広く感じやすいです。

ただし、白すぎるカーテンは日光に当たると眩しさを感じやすいため、明度の低いホワイトを選ぶのがおすすめです。

ベースカラーとの相性を比較して、クリーム色やアイボリー系にするのもいいでしょう。

ホワイトのカーテンを探す

ベージュ

ベージュのカーテンは土や木を連想させるため、ナチュラルな雰囲気を漂わせたい方におすすめです。

例えば、リラックスできる寝室や落ち着いた書斎を作りたい場合にも適しているでしょう。

木目調のインテリアとも相性が良く、コーディネート初心者でも合わせやすい色です。

ただし床と同系色である場合が多く、メリハリを感じられない部屋になりやすい点に注意が必要です。

クッションをはじめとする小物で差し色を加えたり、ベージュと同じく自然を感じられる緑を飾ったりすると統一感のある部屋に仕上がります。

ベージュのカーテンを探す

ブラウン

ブラウンのカーテンは、ベージュと同様に自然を感じられるのが特徴です。

自然の温もりを得やすく、落ち着いた大人の雰囲気を演出できます。

明度の低いブラウンのカーテンを選ぶと、シックな雰囲気を醸し出すため大人の男性でも取り入れやすいです。

また、ブラウンのカーテンは緊張を和らげたり信頼感を与えたりする効果が期待できるため、リラックスしたい空間に活用するのがおすすめです。

暗い色のブラウンを選ぶと重厚感がアップするため、床の色や他のインテリアと比較しながら最適なカーテンを見つけてみてください。

ブラウンのカーテンを探す

グレー

グレーのカーテンは上品でおしゃれな空間を作れる上、モダンでスタイリッシュな雰囲気を演出できるのが魅力です。

主張が少ない色であるため、気分を落ち着かせつつシンプルで洗練された部屋を作りたい方におすすめできます。

また、他の色との相性も良く、幅広いテイストにも活かせるでしょう。

グレーは目立ちにくいことから、他のインテリアとの相性もばっちりです。

コーディネート初心者でも取り入れやすい色といえるでしょう。

グレーのカーテンを探す

イエロー

イエローのカーテンは、明るく元気を与えてくれるのが特徴です。

幸せや輝きの象徴ともいえるため、子ども部屋にも活用しやすいカーテンです。

ただし大きな窓に設置するとイエローが強調されすぎてしまい、落ち着かない部屋に仕上がる可能性があります。

デザインによっては子どもっぽい印象を与える恐れがあるため、他のインテリアとの相性を考慮したりアクセントカラーとして取り入れたりするのがおすすめです。

イエローのカーテンを探す

グリーン

グリーンのカーテンは木や森を連想させることから、気持ちを落ち着かせる効果があります。

安心感を得られるため、寝室やリビングなどゆったりした気持ちで過ごしたい部屋におすすめです。

緑は明度が違うと部屋の雰囲気が大きく異なるため、他のインテリアとマッチする色合いを見つけてみてください。

なお、緑は他の色との相性が良く、コーディネート初心者でも取り入れやすいのがメリットです。

部屋のアクセントともなるため、明るい雰囲気の部屋に仕上げられるでしょう。

グリーンのカーテンを探す

ブルー

ブルーには冷たい・涼しいといったネガティブなイメージの反面、澄んだ色合いが広大で自由な印象を与えます。

そのためブルーのカーテンは気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めたりする効果が期待でき、子ども部屋や書斎に取り入れたいカーテンです。

明度を高めると部屋全体を明るい雰囲気にできるため、気持ちも晴れやかになるでしょう。

ただしブルーには食欲を減退させる効果もあることから、ダイニングやリビングでの使用はおすすめできません。

食事を取る場所からは見えない位置に活用してください。

ブルーのカーテンを探す

ピンク

ピンクのカーテンは優しく柔らかな印象を与える他、感情を鎮める効果が期待できます。

特に淡いピンクはリラックス効果が高く、寝室やリビングに掛けると気持ちが落ち着くでしょう。

ピンクは明るい色合いであるため気持ちを晴れやかにしたり、恋愛を意識させたりする役割もあります。

そのため夫婦や恋人同士で暮らしている場合にも、おすすめできるカーテンです。

ピンクのカーテンを探す

レッド

レッドは情熱や興奮といった意味があり、インパクトのある部屋を作りたい方におすすめの色です。

レッドのカーテンを取り入れるとやる気や元気が出たり、気分が高揚しやすくなったりします。

なお、レッドのカーテンはエネルギッシュではつらつとした印象を与える一方で、精神的な落ち着きは得にくいです。

そのため大きな窓に設置するのではなく、控えめに取り入れるのがいいでしょう。

レッドのカーテンを探す

ブラック

ブラックのカーテンは、シックでスタイリッシュな雰囲気を作れるのが特徴です。

空間全体が引き締まった雰囲気となり、重厚感や高級感を得られます。勉強部屋や書斎に掛けると、高い集中力を維持できるでしょう。

ただしブラックは重みのある色である他、他のインテリアとの組み合わせ次第で圧迫感を得やすくなる点に注意が必要です。

床や家具などと比較しながら、明度を調整してみるのもいいでしょう。

ブラックのカーテンを探す

オーダーカーテン通販【aiika】のおすすめのカーテン3選

最後に、オーダーカーテン通販【aiika】で販売しているカーテンの中からおすすめのアイテムを3つ紹介します。

どのカーテンも、多くのカラーバリエーションが展開されています。

それぞれの特徴を参考に、部屋に合うカーテンを見つけてみてください。

遮光率99.99% 選べる48色 無地の防炎1級遮光カーテン「HAUSKA」

HAUSKAは北欧をイメージしたカラーを48色用意しており、ファッション感覚で部屋に合ったカーテンを選べるのが魅力のカーテンです。

床の色や季節などによってカーテンを合わせやすいように、無地で仕上げているのもポイントです。

インテリアの邪魔になる心配もないため、コーディネートに自信のない方でも手に取りやすいでしょう。

また、カラーバリエーションが豊富なため、明度にこだわることも可能です。

例えばナチュラルカラーだけでも9種類展開しており、部屋の雰囲気に合ったカーテンを見つけられるはずです。

床の色との相性も考慮しながら、ぜひお気に入りの一色を探してみてください。

なお、ブラック系のカーテンは遮光性能が高いため、日当たりの良い部屋に掛ける際は色合いを考慮するのがおすすめです。

遮光カーテン 1級遮光 遮熱 防炎ドレープカーテン「luonto(ルオント)」

luontoは織り感のある生地が壁紙とマッチしやすく、暖かみのある部屋を作れるカーテンです。

数種類の色を織り合わせており、優しい風合いを演出できます。

ナチュラルなベーシックカラーが25色展開されているため、床やインテリアに合うカーテンを選ぶ楽しさが味わえます。

また、タッセルも25色の中から選べるため、部屋のアクセントとして活用するのもいいでしょう。

2色の生地を組み合わせたツートンカラーを選ぶと、オリジナル性の高い部屋に仕上がります。

ナチュラルな質感と色合いを持つ杢調生地のオーダー防炎遮光カーテン「ブリュッセル」

ブリュッセルは濃い色と淡い色で染め分けされた糸で織られており、ナチュラルな質感が特徴のカーテンです。

ざっくりと織られた生地は麻のような見た目で、自然を連想する雰囲気を醸し出しています。

またブリュッセルはポリエステル素材であるため、家庭でのお手入れも簡単です。

カラーによって遮光性能が異なるため、部屋ごとに使い分けたり日差しの加減で調整したりすることもできます。

床の色はカーテン選びのポイントになる! 配色バランスに気を付けよう

カーテンを選ぶ際はインテリアの配色バランスや床の色との相性を見ながら、部屋にマッチするものを見つけましょう。

床と同系色にして統一感をアップさせたり、あえて反対色を取り入れて遊び心を持たせたりとカーテン一つでインテリアを楽しめます。

お気に入りのカーテンを見つけたら、さらに自宅の一室に愛着が沸くはずです。

カーテンの色がもたらす効果も意識しながら、すてきなカーテンを探してみましょう。

オーダーカーテン通販【aiika】は1cm単位のオーダーが可能で、部屋の窓にぴったりなカーテンを作れます。

慎重に購入したい方に向けて、生地サンプルを無料でプレゼントしています。

実際に手に取った上でカーテンを選べるため、後悔することのない部屋作りができるはずです。

高品質なオーダーカーテンをお探しの方は、ぜひオーダーカーテン通販【aiika】をご利用ください。

 

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す