カーテンのふさかけの位置はどのくらいの高さがベスト?

カーテンのふさかけの位置はどのくらいの高さがベスト?

ふさかけとは、カーテンベルトやカーテンタッセルを掛けるために、壁に設置する金具のことです。新居などではふさかけが設置されていないこともあり、どの位置に設置するべきなのか迷ってしまう方もいるでしょう。

ふさかけは正しい位置に設置をすればカーテンの開け閉めが楽になるだけでなく、バランスが良くスッキリ見えます。

この記事では、ふさかけの適切な位置を知りたい方のために、設置する位置を決めるコツについて詳しくご紹介します。

カーテンのふさかけの適切な位置とは

ふさかけはカーテンや窓の高さの中心あたりに設置されているイメージがあるかもしれません。しかし実は、一般的なふさかけの位置はカーテンの高さの中心よりも、若干下に設置されています。

ふさかけに掛けるベルトやタッセルは、カーテンをレールに吊るした際に、下から3分の1の高さにかけるのが基本です。この位置でカーテンをまとめるとバランスが良く、使いやすくなります。ただし、ベルトやタッセルは自然に傾くため、傾きを考慮してふさかけは3分の1より少し上に取り付けましょう。

ちなみに、黄金比を用いて位置を決める方法もあります。

黄金比を使ったふさかけ位置の計算方法

ふさかけの位置を決める黄金比とは、デザインや建築物で用いられる縦と横の長さのバランスのことです。「黄金比=1:1.618」、「カーテンの長さ÷2.618」で計算ができます。

例えば、カーテンの長さが192cmの場合は「192÷2.618=73.3…」で、カーテンの裾から73.3cmの位置にタッセルがあるのが理想です。なお、黄金比は掃き出し窓のふさかけの位置を決める際に用いられます。

窓よりカーテンが大きい「腰高窓」はふさかけの位置に注意

腰高窓は窓よりカーテンが大きくなりがちですが、基本的にはカーテンの下から3分の1程度の場所にふさかけを設置します。ただし、窓よりもカーテンのほうがかなり大きい場合は、3分の1の場所だとバランスが悪く見えてしまうこともあるため、その場合は白銀比を用いて位置を決めるのがおすすめです。

白銀比も黄金比と同じように、建築物で用いられることの多いバランスです。3分の1の場所で不自然に感じた場合は、白銀比でふさかけの位置を決めましょう。

白銀比を使ったふさかけ位置の計算方法

白銀比は「1:1.414」で、計算方法は「カーテンの長さ÷2.414」です。例えば、135cmのカーテンの場合は「135÷2.414=55.9…」という計算になります。つまりカーテンの裾から55.9cmの位置にタッセルがくるようにふさかけを設置するとバランスが良いということです。

腰高窓の場合もタッセルが少し傾くことを意識して、ふさかけを設置しましょう。

その他のふさかけの位置の決め方も紹介

黄金比や白銀比を計算する手間を省きたい場合は、使いやすい位置などに設置するのもおすすめです。

作業しやすい位置に設置する

カーテンの開閉は毎日の作業になるため、作業しやすい位置にふさかけを設置するという方法もあります。「黄金比や白銀比の位置では作業しづらい」という方にもおすすめの決め方です。

この場合は実際にふさかけを手に持ち、どのくらいの位置であれば作業しやすいのか確認しながら設置してみましょう。

ただし、家族がいる場合は、ほかの家族の身長や作業しやすい位置を考慮しなければいけません。特に、身長差のある夫婦や子どもがいる場合は、カーテンの裾から3分の1程度という位置を意識しつつ、家族みんなが違和感なく作業できる位置を探してみてください。

カーテンの半分より少し下に取り付ける

カーテンの半分よりも、少し下に設置するという方法もあります。細かく測る必要がなく、掃き出し窓であれば作業しづらい位置になることもほとんどありません。

とはいえ、高い位置にある窓の場合は、カーテンの半分より少し下に設置すると腕を上げる必要があるため作業しづらくなります。違和感がある際は、さらに少し下にしてみるなど臨機応変に決めましょう。

また、カーテンの長さが床スレスレまで長いとふさかけが下過ぎたり、窓より短いカーテンでは上過ぎたりします。このような場合は、カーテンを基準とするのではなく、窓を基準として半分より少し下に設置してみてください。

カーテンタッセルの種類によっても、ふさかけの適切な位置が違う

タッセル

ふさかけに掛けるタッセルにはいくつか種類があり、同じ位置でもそれぞれ印象が変わります。そのため、タッセルの種類によってもバランスが良い位置は少し異なるのです。ここからは、タッセルの種類別に適切な位置を解説します。

舟形タッセルの場合

舟形タッセル

舟形タッセルとは船のような形をしており、厚手のカーテンに付属していることが多い種類です。カーテンと同じ生地で作られているため、統一感のある印象になります。

舟形タッセルはカーテンをまとめた際、タッセルの下側がカーテンの下から3分の1程度の高さになるとバランスが良いでしょう。直線の方を上にして使用するのがポイントです。

ロープタッセルの場合

ロープタッセル

ロープタッセルは、布ではなくロープ状の紐でカーテンをまとめます。ロープ状なのでスッキリとした印象になるのが特徴です。カーテンと同系色で揃えるのはもちろん、あえて異なる色を選びアクセントとして楽しむこともできます。

ロープタッセルの場合も、タッセルの下側がカーテンの下から3分の1程度の位置になるように設置するのがおすすめです。

房タッセルの場合

房タッセル

房タッセルは、その名の通り房が付いているタッセルのことです。ほとんどはロープの先端に房が付いており、お部屋をエレガントな印象にしてくれます。房タッセルもカーテンとコーディネートをすればアクセントにすることが可能です。

適切な位置は、房の付け根か中央がカーテンの下から3分の1程度になる位置です。タッセルではなく、房の位置を考慮しましょう。

カーテンのふさかけを設置するときの注意点とは

最後に、ふさかけを設置するときに意識したい、4つの注意点をご紹介します。

見栄えだけでなく、使いやすさを考える

ふさかけの位置は見栄えだけでなく、カーテンを開閉する人の使いやすさも考慮して設置しましょう。

見栄えだけを意識してしまうと、作業がしにくくて不便さを感じる恐れがあります。

あまりにも、ふさかけが下過ぎたり、上過ぎたりすると、カーテンをまとめるときに不便に感じてしまいます。実際にカーテンを束ねてみたり、窓を開閉する際の感覚もひとつの基準として考えると使いやすい位置が分かります。

自分の家族にぴったりのポイントを探してみましょう。

また、家具の配置や高さによっても使いやすいふさかけの位置は変わります。家具に引っかかることはないか、なども確認しておくことが大切です。

タッセルはたるむことを忘れない

タッセルでカーテンをまとめるとたるんでしまうということを忘れてはいけません。たるみ具合はタッセルの種類や長さによって異なるため、実際にカーテンをまとめてたるみ具合を想定してみましょう。

例えば、黄金比を基準に設置する予定で5cm程度たるむ想定であれば、黄金比+5cmの位置に設置します。タッセルの位置より若干上にすることを意識してみてください。

ふさかけの位置とカーテンの端を合わせる

ふさかけは高さだけでなく、窓からどの程度離して設置するのかもポイントです。なぜなら、ふさかけの位置が内側過ぎたり外側過ぎたりすると、タッセルを使用したときにカーテンが斜めになってしまうからです。そのため、ふさかけはカーテンの端に合わせて設置します。

また、窓枠と壁どちらに設置するか迷った際は、カーテンレールの端の位置を目安にしてみてください。カーテンレールの端と窓枠が同じライン上にあれば窓枠に、外側にあれば壁に設置します。カーテンレールの端を目安にすれば、ふさかけとカーテンが一直線になり、カーテンをまとめたときに違和感がありません。

ネジ留めは下地部分に行う

ふさかけをネジ留めする際は、下地部分に行わなければなりません。壁に下地がない部分の内側は空洞になっており、ふさかけが安定しないからです。

下地部分に設置できない場合は、粘着テープで設置できるふさかけもあります。ただし、粘着テープの跡が残ってしまう可能性もあるため注意しましょう。跡が気になる方はマグネットタイプのふさかけがおすすめです。

ふさかけは使いやすい位置に設置しよう

ふさかけの位置について、黄金比や白銀比での計算方法を紹介しました。しかし身長や家具の配置・高さによっては作業がしづらい場合は、カーテンの開け閉めのしやすさで決めても問題ありません。

ふさかけはタッセルの傾きやカーテンとの位置などを意識しながら、使いやすくしっかり固定できる場所に設置することが大切です。下地がない場合は、粘着テープタイプやマグネットタイプのふさかけも検討してみてください。

aiika編集部

aiika(アイカ)は、お好みの生地とサイズ、縫製スタイルを選ぶだけで、お手頃価格のカーテンが簡単にオーダーできるカーテン通販専門店です。
カーテンの選び方から最新のカーテン情報を発信していきます。

aiikaのショッピングサイトはこちら

カーテンを人気シリーズから探す